まずは触らないこと

注射器

色々なポイント

ボトックス注射は気になる部位に直接薬剤を注入して筋肉の動きを抑える事で、エラ張り、シワなどを改善する効果が期待できます。ただ、人体の構造上、注入した薬剤は少し刺激を与えてしまうだけで、すぐに皮下で拡散してしまいます。もちろん予防接種とか、病気の治療のための注射であれば薬剤が拡散した方が良いということもありますが、この注射の場合はそうではありません。できるだけピンポイントで作用為る事によってボトックス注射の効果を寄り感じることができるようになるからです。だから注射をした後はどうしてももみたくなってしまうかもしれませんが、もまないでそのまま放置しておくようにします。また、日頃からマッサージをしている人や、メイクをしている人の場合、注射した部位によっては刺激を与えてしまいかねません。病院側で許可を得るまではマッサージはしないようにし、メイクをするときもパフなどで押さえつけてしまわないように気をつけます。また顔に注射した場合は、洗顔の方法によっては肌を押さえつけてしまう可能性もあるので、注意して洗うようにします。このようにして余計な刺激を与えずに、注入した薬剤ができるだけ拡散しないようにすることによって、ボトックス注射の効果を最大限に発揮させることが期待できます。

ボトックス注射は自分で薬剤を直接顔に注入するものではなく、もちろん医療機関で注入してもらう必要があります。そのため、まずはどの医療機関に受診するかということを決める必要が事前準備としてあります。病院を選んだら次はカウンセリングや診察の申し込みをしますが、その際は電話、インターネット、窓口などで行うことができるようになっています。申し込み方法はそれぞれの病院でも違っている場合があるため、どの方法で受け付けておくかも調べておきます。インターネットの申し込みフォームを利用する場合は時間を気にする必要はありませんが、電話や窓口は受付時間が決まっているので、その点にきをつけます。カウンセリングや診察を受けて実際に施術を受けることになったら、当日予約をした時間に病院へ行き、施術を受けます。腕、足などに施術をする時はそれほど気にしなくても問題ありませんが、顔はメイクをしているのであればそれを綺麗に取り除いておきます。ただ、メイク自体はボトックス注射を受けるからと行って、自宅から全くしていかないということではありません。病院に到着してから施術までの間に取り除けばよく、さらに術後許可が出ればメイクをして自宅に戻ることもできます。したがって、あまり傷跡に圧迫などの刺激を与えるのは好ましくありませんが、普段から外出時にメイクをしている人は、ボトックス注射の準備としてメイク用具も忘れないようにします。